トライオートFXの数量追加をする場合に手数料で損しない方法 《失敗から学ぶ》

こんにちは!
3児のパパとして育児と投資をたのしんでいる
ひつじんです🐑

今回はトライオート FXを運用する際に手数料で損しない方法をお伝えします。

 

みなさんはどの通貨ペアで運用されているでしょうか。

 

わたしは「コアレンジャー豪ドル/NZドル」で運用中です。

 数量は、2,000通貨

先日、数量を1,000➡2,000に増やしたばかりです(^-^)

 

追加で増やしたときは約定メール見るのがたのしくてワクワクしていたんですが、その後、将来的に損に繋がる方法で注文してしまっていることが判明しました(゜o゜)

 

わたしのように、2,000通貨だとまだ直接の影響はありませんが、今後、運用資金を増やして10,000通貨になった時がポイントになります。

 

なぜなら、10,000通貨の取引から手数料が割引になるからです!

ただし、正しい方法で注文が行われるようにしていないと、この恩恵を受けることができません。

 

みなさんにはわたしと同じ失敗をして欲しくありません!!

 

そこで、私の失敗からどうして間違ってしまったのか、その内容をご紹介し正しい追加注文の方法をお伝えしていきます!

 

この記事でわかること

 

あわせて読みたい

スポンサーリンク

1損してしまう追加注文の方法

実際に誤った注文をしてしまった口座の状況です。

❶誤った追加注文の方法

f:id:sheep-n:20181025221424p:plain

1,000通貨で44本の注文なため、同じ注文がふたつで2,000通貨分購入しています。

下段の注文が2018.7にしたもの。上段が2018.10のものです。注文名に(2)がついていることからお分かりいただけるはずです。

 

こうした注文方法が誤りです。なぜ間違いかと言うと、手数料が問題となってきます。

 

では、その手数料についてみていきます。

トライオート FXの自動売買で取引する際には「取引手数料」と「スプレッド」が必要になります。

 

❷取引手数料

取引手数料とは、1回の取引をする際に必要になる金額のことです。

具体的には、新規の注文(売り・買い)と決済(売り・買い)の時それぞれにかかります。

 

❸スプレッド

スプレッドとは、通貨を買う場合の買値(ASK)と通貨を売る場合の売値(BID)の価格の差のことです。

買値(ASK)は、その通貨を買いたいときにいくらで買うことができるのかを、売値(BID)は、その通貨を売りたいときにいくらで売ることができるのかを表しています。

 

新規注文で買った場合、すぐにマイナスの評価益になります。これは、スプレッドが生じているからです。

 

ドル円を「110.003円」で買ったときに、売値は「110.000円」だとスプレッドは「0.3銭」です。買った瞬間に評価益はこのスプレッドの「0.3銭」分マイナスとなります。

為替レートが変動し、売値(BID)が「110.008」円になれば、「0.5銭」のプラスとなります。

 

はじめて取引した時は、いきなりマイナスになって慌てたのを覚えています。こういう知識もしっかりと身につけて落ち着いて運用したいですね(^^♪

 

スポンサーリンク

コアレンジャー豪ドル/NZドルの手数料

本題のコアレンジャー豪ドル/NZドルです。

自動売買注文の際に取引数量に応じて次のような手数料が掛かります。

f:id:sheep-n:20181025221057p:plain

1,000通貨で運用の場合は、1ポジションにつき新規注文➡決済して利益が確定すると、「60円」の手数料が発生します。

内訳は、取引手数料として新規注文時に20円、決裁時に20円。さらに、スプレッドが20円加算され、合計60円となります。

 

間違った方法で、1,000通貨ずつ追加してしまうとどうなるでしょう。

コアレンジャー豪ドル/NZドル(1)~(10)が並んだ状態になります。

この状態でひとつのポジションを取引した場合の計算式は、

f:id:sheep-n:20181025221131p:plain

1,000通貨の取引を10回行うため、手数料は1回の利益確定につき「600円」(60円×10)となってしまします。

 

一方正しい方法だと、

f:id:sheep-n:20181025221140p:plain

10,000通貨の取引を1回行うため、1回の利益確定につき「400円」(400円×1)となります。

 

その差は、1回につき「200円」

 

100回約定決済したとすると、20,000円の差が出でます。

決済する度にこの差がどんどん大きくなってしまします。恐ろしいですよね(ノД`)・゜・。

 

ちなみに、2018.7から運用して3ヶ月経ちますがすでに70回ほど利益確定しています。単純計算で4倍すると、1年間に280回くらいです。年間56,000円の差…。

 

同じ10,000通貨運用していてこんなに差が出るのは見過ごすことはできません!!

 

さらに、手数料は固定なので、取引通貨量が少ないと確定利益に対する手数料の割合が高くなります。

【例:コアレンジ帯の1回の決済の利益】

◆1,000通貨 ➡ 約150円(手数料60円)

 

利益を得るために必要な手数料の割合40%

 

◆10,000通貨 ➡ 約1,500円(手数料400円)

 

利益を得るために必要な手数料の割合26%

 

投資信託でも触れましたが、手数料って本当に大事ですね!!

 

2正しい追加の注文の方法

つぎに、損をしない正しい方法をみていきます。

❶正しい追加注文の方法

f:id:sheep-n:20181025221217p:plain

真ん中の紫色の帯の注文を正しい方法で数量を増やします。

数量(千)が1ですので、1,000通貨という意味。

 

右側にあるオレンジ色の「変更」ボタンを押します。

 

f:id:sheep-n:20181025225535p:plain

この画面が出てきますので、数量を「1」から「2」へ変更し「OK」ボタンを押す。

 

f:id:sheep-n:20181025221244p:plain

数量(千)が「2」ですので、2,000通貨に変更できました。

これを44本の注文分繰り返します。

 

f:id:sheep-n:20181025221253p:plain

変更が完了すると、全体の数量が88となり、44本の注文すべてが数量2,000になりました。

少し手間はかかりますがこれが正しい追加注文の方法です。

 

取引数量を変更するときの注意事項

  • 相場が動いているときに設定を動かすと誤作動の原因にもつながります。このため、変更作業はできるだけ取引が停止している土日に行うことをおすすめします。

 

 

トライオートFXの運用方針

今回お伝えした数量の追加方法を知るまでは、利益が積み重なり20万円を超えてから複利運用で数量を増やそうと考えていました。

 

正しい追加方法だと、44本の注文の内1本だけ変更することが可能です。

そうすると、1本あたりの運用額を計算し、利益が積みあがった段階で随時変更していくことができます。

 

さっそく1,000通貨の運用資金20万円で計算すると、

f:id:sheep-n:20181025221603p:plain

4,500円の利益が出るたびに、累計損益の高い注文の通貨量を増やすことで複利運用していくように運用方針を変更します。

これで複利運用のスピードが少しアップします(*^^)v

 

ちなみに、2018.10.26現在、約10,000円の利益が出ていますので、数量を2,000追加してみます。(88本➡90本)

 

4トライオートFXを運用する際に手数料で損しない方法まとめ

いかがだったでしょうか。

これでみなさんも注文方法を間違わずに数量を追加できるはずです。

 

1万通貨の取引をしようとすると、150~200万円の資金が必要となります。

最初から資金がある方は問題ないでしょうが、わたしと同じでまとまった運用資金が確保できない方はぜひお伝えした方法でコツコツと運用資金を上積みしましょう。

そして、1万通貨を目指して手数料を抑えた運用をしたいですね!!

 

みなさんも一緒にトライオート FXで資産運用してみませんか。

 

それでは、最後までご覧くださりありがとうございました!

 

次回の記事でお会いしましょう(*^^)v 

 

 

公式サイトはこちら

  • トライオート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください