2020年8月 投資信託の運用実績【インデックス投資信託を毎月8万円積み立て】

ひつじん

どうも!
3兄弟のパパとして育児と資産運用をたのしんでいるひつじん(@hitujin03)です。

 

この記事では私が運用している次の3つの投資信託について、2018.8から運用し実際に利益が出せるかどうか確かめていただくために運用成績を毎月お伝えしています。

  1. 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  2. 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  3. 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

また、上記3つの投資信託に追加して2019.9.25より販売開始となった

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」の成績もあせてお届けします!

 

今回は8月の運用成績を記載しています。

 

実際の生きたデータですので、あなたの参考になれば幸いです。

 

はじめたきっかけや、運用中の3つの商品のひとつ、「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」、それから、最近話題のロボットにお任せ投資できる「ウェルスナビ」との比較について詳しく解説していますので、こちらの記事もあわせてご覧くださるとあなたが運用する際のヒントになります(^^)/

 

スポンサーリンク

インデックス投資信託の保有・収益状況をお伝えします

ひつじん

SBI証券 で次の3つのファンドを保有しています。

2020.7~2020.8のインデックス投資信託の収益

先週比の成績をまとめると次のとおりです。

  • 評 価 額     2,914,223
  • 先月比の損益              +172,168円
  • トータル含み損益    +419,136
  • 損 益 率        +16.80%

 

今月は、牽引役のナスダックを筆頭に全面株高となり評価益が大きく増えています。

 

投資信託の運用は、日々の株価の上下に囚われずたんたんと積み立てる作戦に変更はありませんから、毎月の積み立て資金の確保を怠らないようにしていきたいですね(^O^)/

 

 

それでは各週の状況を見ていきましょう。

 

2020.7インデックス投資信託の収益詳細状況

 

2020.8インデックス投資信託の収益詳細状況

 

1年前は3ファンドともほぼ同じ損益率でしたが、コロナショックを経て少しずつ差が出てきた印象です。

 

2020.8で積立開始からちょうど2年が経過し、運用3年目に突入!

 

このままいくと、「楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド」が1番利益率が良さそうですね。

 

そして、2019.9.26から正式にスタートした「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」

※SBI証券の投資信託説明書を一部抜粋

 

運用中の「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」の対抗馬となる商品です。

 

しかも、手数料がかなりお安い!!

  1. 「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」
     →0.162%
  2. 「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」
     → 0.09264%

 

その差は、0.0682%

 

だったのですが、つい先日、「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」の信託報酬料の引き下げニュースが舞い込んできました!

 

なんと、「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」も0.1%を切る0.088%!


※三菱UFJ国際投信からの通知文を参照

ファンドの純資産総額が増えるほど信託報酬手数料が低くなるのも魅力ですね♪

 

そして、2020.5.29に「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」の預かり資産が1,000億円を突破しました!!

 

このため、1,000億円を超える部分の信託報酬が0.087%となります(^^♪

 

今後も比較のため「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」を少額で購入し運用していきますね。

 

直近の成績はご覧のとおりです。

【2020.7】

【2020.8】

この商品は定期積立および価格が下落した際に任意のタイミングで買いつけています。

 

今のところ、コロナショックの暴落時に仕込めたことが功を奏し、「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」の損益率を上回る(ほぼ2倍)+22.44%となっています。

 

投資信託の価格は、かならず上下を繰り返します。

 

それでも、わたしが選んでいる投資信託は実際に運用してみて上昇していますね!

 

ひつじん

投資信託は、最低10年以上の長期で向き合う資産運用。

 

長期的に右肩上がりを続ける商品で運用していれば、長い期間を掛けて緩やかに利益を積み重ねることができます!

 

評価損がプラスでもマイナスでも、「たんたんと地道に積み立てていく」、この作戦に変わりはありません(^O^)/ 

 

FX系のレバレッジが掛かっている商品とは異なり、短期間で大きな利益を出すことは出来ませんが、その分ロスカットがなく、突発の下落で大きく資金を失うなんてことは起こりません。

 

ハイリターンではないものの、ローリスクで心地よく取り組める資産運用です(^^♪

 

自動積立の設定と口座への資金入金さえ忘れなければ、特に日常ですることはなく楽ちんですよ。

 

スポンサーリンク

インデックス投資信託の自動積立

8月はつぎのとおり8万円の定期積立を実行完了

 

そして、現在の運用資金は次のとおりです。

【運用資金】

 【7月】      【8月】
2,410,000円 → 2,495,000円

 

NISA枠(年間120万円)を投資信託で使い切るようにしていますから、1年間で120万円貯金している分をこの投資信託で資産構築しています。

 

ひつじん

今後もたんたんと自動積立を続けていきますね(^O^)/

 

インデックス投資信託の運用実績推移

インデックス投資信託の運用実績(月次損益)の推移

ひつじん

3ファンドの月間推移を確認していきましょう!

 

 

コロナショックは完全になかったことになりました(^^♪

 

コロナショックを経て、ただ回復しただけではなく、積み立てを継続したことで取得単価を下げることができました。

 

つまり、コロナショック以前と同じ損益率でも、損益額は増加することになったということです。

(数値としては、評価益が2台程度になっています)

 

暴落は怖いですが、投資信託であれば評価損になったとしても資産がなくなるわけではなく、右肩上がりの成長が見込めるファンドであれば、いずれ株価は回復し評価益に戻ります!

 

このため、積み立てを継続していれば「時間の力」と「複利の力」の両方を味方につけることができ、プラスの損益までもっていくことができますよ。

 

このコロナショックで積み立てを止めた投資家さんもいましたが、相場に残り投資し続けることこそが投資信託の積み立て運用で資産を増やせる方法です。

 

インデックス投資信託の積立方針

 積立方針

No ファンド名 【毎月】積立額
1 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 30,000円
2 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim先進国株式インデックス 20,000円
3 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 30,000円
合   計 80,000円

ボーナス積立は、年2回、毎月積立額とほぼ同額を設定しています。

11万円2回=22万円

 

年間積立額は118万円。

NISA枠をぎりぎりまで使い切る計算ですね!

 

 積立方針を崩さないように家計のコストカットを徹底し、コツコツいきますよ~。

 

投資信託の運用実績【インデックス投資信託を毎月8万円積み立て】まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今月の運用状況をまとめると

  • 合計損益   +419,136円
  • 利 益 率     +16.80%
  • 定期積立    80,000円

 

ひつじん

評価損は仕方がないですが、この調子で積み立てが継続できるよう、しっかり毎月の資金を用意するため家計の見直しや無駄遣いを極力抑えていきたいです。

 

家計をしっかり管理し資産運用に回すお金を増やしてお金に働いてもらい、資産所得を増やしていかないと今後立ち行かなくなる可能性もあります…。

 

このため、お金にしっかり向き合うことがとても大切なんです!!

 

今後も、投資信託をコツコツと自動積立で増やしつつ、他の運用先はロスカットラインを明確に意識し、資金管理を徹底していきます。

 

わたしは、子どもの教育資金と老後資金という2大資金がもたらす将来に不安を抱えるひとりとして、資産運用は必要不可欠だと強く感じ実践しています。

 

ひつじん

資産運用の話ってなかなかできませんから、運用する仲間を募っています。
あなたも一緒に投資信託の積立運用をはじめてみませんか?

 

本当に上手くいくのかご不安があるのはごもっともです。

 

このため、わたしの成績報告をご覧いただいて、本当に上手くいくかを確かめていただければ幸いです。

 

運用している投資信託は、投資初心者にかなりおススメできる商品です。

 

はじめたきっかけや、運用中の3つの商品のひとつ、「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」について詳しく解説していますので、こちらの記事もあわせてご覧くださるとあなたが運用する際のヒントになります(^^)/ 

 

 

ひつじん

それでは、さいごまでご覧いただきありがとうございました♪

ブログの更新情報はTwitterでお知らせしているから、フォロー(@hitujin03)いただけると見逃さずに済みますよ

 

次回の記事でお会いしましょう!

 

 

応援クリックいただけると嬉しいです

にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください